品質改善のために日々努力!

品質保証部で働く男による、品質保証部で働く人のためのコラムです。
あまり具体的な仕事を書かれているブログ等がないため作りました。
何か少しでも参考になればと思います。

なぜなぜ5回のやり方と事例

トヨタが実施している「なぜなぜ5回」を、好んでやっています。
(実際、5回では足りないですが)そのなぜなぜ5回について、基本と考え方を説明します。
品質保証部としては必須ですので、知らない方は是非やってみてください。

なぜなぜ5回の基本



なぜなぜ5回というのは、一つの原因について、その原因を5回掘り下げるということをします。
例えば、製造で違う種類のネジを組んだという不具合の場合、

1、違う種類のネジを組んだ

なぜ

2、取り揃えを間違えた

なぜ

3、誤って隣りのネジを取った

なぜ

4、取った後の確認をしていない

なぜ

5、確認するという作業手順がない

なぜ



この調子だと10回はいくので割愛します。
別に5回にこだわる必要はないので、考えつくまでやりましょう。

こんな感じで原因を細かく追求していきます。
そして、一つ一つの原因について対策を実施します。

だいたい、一つの不具合に原因は5個以上あります。
ヒューマンエラーから、仕組みの問題、意識の問題、品質保証部の問題などなど。
なぜなぜ最終(根本原因)は「体質」という問題にいきつくことが多いです。
そう、実は自分の責任だったということに気付きます。
そこまでいかなかった場合、追求が甘いとされます。

なぜなぜ5回の目的



目先の原因と対策は、なぜなぜ5回をしなくてもできます。
よって、なぜなぜ5回の目的は、「歯止め」です。
二度と発生させないようにするためにやるものです。

「本当にその対策で二度と同様の不具合は発生しないか?」という問い掛けに、自信を持って「はい」と言えるよう、全力で考えましょう。

また、なぜなぜ5回は経験の差によって出来が違います。
「そこまで考えるか」というところですね。
だから、なぜなぜ5回をやる時は、プロフェッショナルとやる必要があります。
知識のない人が何人集まっても、必ず抜けが出ます。

やることが目的ではありません。
再発防止が目的です。

対策の実施



なぜなぜ5回が終われば、後は対策の実行です。
目先の問題は対策しやすいでしょう。
しかし、意識や体質の問題は難しく、わかっていながら、「今後の検討課題」として放置される確率が高いです。
すぐに対策できないのは仕方ありませんが、必ず記録に残し、定期的に検討していようにします。

対策を実施したものは、必ず品質保証部が確認します。
完璧だと思っていたことが、そうでなかったり、実際にされていなかったりという問題も発見できます。
そこまでやって、対策完了です。

まとめ



まとめると、なぜなぜ5回で大事なことは、

・知識ある人とやる(製造部、開発部と交えるなど)

・対策を必ず実行する

になります。

「もう二度と発生しません」と言うのに、製造部門は内容を聞いていないなんて、そんな馬鹿な話はありません。
皆が納得、それを意識してハッピーエンドになるよう頑張っていきましょう。
品質保証部が最初に「品質保証部としても問題があった」と反省から入ると反発を受けにくいのでオススメです。




スポンサード リンク


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

アイデア創出! 新しい発想を生む10個の方法
Excerpt: 考えても考えても良いアイデアが浮かばない! そんなときに役立つアイデア発想法を集めてみました。自分に合った方法を見つけて、ぜひ利用してみましょう!
Weblog: TuiTui
Tracked: 2012-01-13 11:01
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。